So-net無料ブログ作成

44:終電 [短歌]

吾と君を引き裂く如く鳴るベルが
  雨に消さるる水無月の夜

 

 

終電のベルが鳴り響く
貴方がそっと手を降った
姿が見えなくなるまで
最後の最後まで
それこそ電車が出るが出るまで
雨の音にも負けず
ベルが鳴り響く
音が消えてしまえばよいのに
電車なんか出なきゃ良いのに
そんなことを想いつつ
今日も彼に手を振る
明日また逢えるよね


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。