So-net無料ブログ作成
検索選択

36:相聞歌 [短歌]

君に逢ふために今宵がある如き
  我の終日(ひねもす)君で充たさる

 


われもまた 終日きみを 思ひつつ
 宵待草にぞ さきく逢ひける

→私もまた丸一日君のことを想いながら
 過ごしていたから、幸運にも
 宵待草に出逢うことが出来たよ。
 (勝手な私の解釈ですが)

草々に我の想ひを届けまし
   月夜の君に逢へざる時は

→草に私の想いをこめることが出来たなら、
 どんなに良いでしょう。
 貴方に逢えないこんな月の夜の私の想いが
 草から貴方に伝えられるのに。



まさか現代に於いて相聞歌をやりとり
できるなんて思ってもみなかったので、
とても嬉しい出来事でした。
しかもこんな素敵な返歌がいただけるなんて。。。
なので今回は解説なしです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。