So-net無料ブログ作成

29:小説 [短歌]

君待ちて読みし小説進まざる
 同じ頁(ペヱジ)を行ったり来たり

 

今私は本を読みながら貴方を待っている。
この本は随分前に読んだことがあるので
筋は覚えているものの細かいディテールを
想い出そうと思って
開いた本だ。今丁度主人公が年下の彼氏と
キスをしようとしているシーン。
「あれ?まだかな?」
急に貴方が来ないか気になってふと目をあげる。
まだ来ていないようだ。
再び頁に目を戻す。
「連絡無いかな?」
また手を止めて今度は携帯を見る。
新着メッセージは入っていない。
「あれ?さっき何て書いてあったっけ?」
再び頁の初めに戻る。
こんなことを繰り返しているうち
全く読み進められることなく貴方が来てしまった。
ま、今度ゆっくり読めば良っか!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。